あなたにも訪れる冷たい涙あなたにも訪れる冷たい涙

「ハンバーグ」について、どう思っているだろうか。「悲しみ」って、みんなにはどんな感じで考えられているんだろう。別に考察してみるわけじゃないよ。
汗をたらして歌う家族と夕焼け

汗をたらして歌う家族と夕焼け

甲府はフルーツ王国と言われるくらい、果物の生産が盛んだ。
日本では珍しい海のない県で八ヶ岳などの山々に囲まれている。
だから、漁もできなければ米の栽培もあまり盛んではない。
そこで、甲斐の国を統治していた柳沢吉保が、果物つくりを推進したのだ。
他県に負けない優れている何かが欲しかったのだろう。
山と山の間の水はけのよさと、山国ならではの昼夜の温度の差は立派な果物を生産する。

雨が降る平日の夜明けは窓から
北方謙三さんの水滸伝の血が通っていて雄々しい登場キャラクターが、オリジナルの108星になぞらえて、主要な登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側の登場人物も人間くさいのがいて、血が通っていると感じる。
人物に現実の人の様なもろさが見えるのも加えて、心がひかれるわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に出来る限りチャレンジしているのが読みふけっていておもしろい。
読んでいておもしろい。
でありながら、心ひかれる作中人物が悲しい目にあったり、希望がなくなっていくストーリーも心にひびくものがあるから熱中する小説だ。

目を閉じてダンスする家族と冷めた夕飯

アンパンマンは、小さな子に人気の番組だけれどとても暴力的に思う。
内容のラストは、アンパンチとばいきんまんをUFOごとぼこぼこにして終わりにする時がとても多い。
小さな子にもめっちゃ悪影響だと私には思える。
ばいきんまんとその他が、たいしてひどいことをしていない内容の時でも暴力で解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとどきんちゃん達を見たら、やめろと怒鳴りながらすぐに殴りかかっている。
話を聞くわけでもない。
話をするわけでもない。
ただ、暴力で解決するからいつになっても変わらず、毎回同じ内容だ。
きっと原作は攻撃的でないかもしれないけれど、アニメ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。

気分良く叫ぶ兄弟とぬるいビール
個々で、物の趣味や好みが存在すると思うが、どんなものか聞くのが大好き。
友人に聞いてみたところ、金、パステルカラーの下着、彼氏の事が大好きとの事。
そして、異性の血管の浮き出た腕。
それにロシア語の巻き舌。
自分には理解できない。
りんごアメ、素肌に直接薄手のニット、香水、声のかすれた若い人が好きだと、話してみた。
まさに分からないとの事だった。
まさにこれは、フェチという言葉がぴったりだという。

薄暗い週末の夕方に歩いてみる

さやかちゃんはパッと見のんびり屋に見られるようだけど、アクティブな女友達。
愛しの旦那様と、2歳の賢治の、仲良し3人一家で、イタリアンレストランの隣の一軒家に住んでいる。
仕事も子育ても完璧に行い、多忙だけど、時間の使い方は得意。
ちょっとでも時間があれば、遊びに行っていい?など必ず連絡をくれる。
私は喜んでクッキーを買って、彼女の家にお呼ばれする。

雪の降る休日の午後はこっそりと
学生の時、株に好奇心をいだいていて、買ってみたいとおもったことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに関心があったのだけれど、頑張って稼いだお金があっさりとなくなるのも怖くて、買えなかった。
証券会社に口座は開いて、使用する資金も入れて、パソコンのボタン一つだけで買えるように準備までしたけれど、怖くて買えなかった。
汗水たらして、働いて稼いだ貯蓄だから、他人から見たら少ないお金でも大きく減ってしまうのは恐怖だ。
でも一回くらいは買ってみたい。

天気の良い木曜の午前に窓から

元ブラビのビビアン・スーは、美人で努力家で素敵な女性だ。
すでに30代の後半なんて、まったく信じられない。
昔見たTV番組で、印象に残っているのが、ビビアン・スーが、アメリカ人からのインタビューに返答していた部分。
ちょうど勉強中みたいだったけれど目を引くくらい一生懸命だった。
今では英語も日本語だって、すっかり話せるだろうと思う。
彼女の素敵さは目を見張る位だ。

薄暗い休日の午後は昔を懐かしむ
昔は面倒だと思っていたけれど、運動もちょびっとでもやらなくてはと最近思う。
会社が変わってから、このところ、体力を使うことがめちゃめちゃ少なくなり、体脂肪率がとても増した。
また、年齢もあるかもしれないが、お腹周りにぶよぶよと脂肪がついてきて、とっても自分でも見苦しいと思う。
多少でも、気をつけないとひどくなる。

雨が上がった週末の朝は友人と

ブームが去った今、ニンテンドーDSにハマっている。
はじめは、英検対策に英語漬けやターゲットのゲームソフトを使用していただけのことだった。
しかし、電気屋さんでゲームソフトを見ていたら、他の物に目移りしてしまい、気に入るとすぐに購入してしまう。
友コレやマリオカート、逆転検事などなど。
変わったソフトで、トラベルシリーズも発売されている。
これは、電車内などの少しの時間にも活躍しそうだ。

悲しそうに体操する姉妹と失くしたストラップ
嫌われ松子の一生というタイトルのTBSドラマが放送されていましたが、好きだった方もいたと思います。
私はというと、連ドラは見なかったのですが、中谷美紀さん主役で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、恵まれてるとは言えない立場にいながらも、幸せに暮らしています。
はたからみれば、幸せでないかもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せをつかむことに関して、貪欲なんです。
そこに、好感を感じました。
私も幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくると罪悪感がある。
という、訳の分からない状態だった当時の私は、見ている間、悩みなんか忘れていました。
とても、明るい映画なので、お勧めしたいです。
キャストの、中谷美紀は、音楽教師でも、風俗嬢でも、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

サイトカテゴリ


サイトカテゴリ


花花

Copyright (C) 2015 あなたにも訪れる冷たい涙 All Rights Reserved.